白うさぎの『あー言えばこう言う』

専業主婦をしながらブログを3つ書いています。

占い師は儲かるのか?カウンセラーの資格は必要?

 かつて私は占い師として自宅で鑑定をしていたことがあります。

今日はそんな占い師としての仕事について、詳しく記事に書いてみました。

 

 

 占い師の鑑定は1時間いくら?

 

現役と言っても現在はほぼ休止状態です。

時々友人に頼まれた時だけしています。

 

タイトルにある「占い師は儲かるのか?」ですが、お客様から信頼を得てクチコミを得ることができたら儲かります。

 

私にカードを教えてくれたある人は、霊的な能力がある上にビジネス能力も高かったのでかなり儲けていました。

私が鑑定を受けた時は確か1時間5000円くらいでしたが、最近だと3万くらいしていたかと思います。

カードを習う料金も3人で受講して3時間一人6000円くらいだったのが、現在では1.2ヶ月のカリキュラムを組んで35万とかしてますね。

それでもある程度のクチコミがあると、受講する人がいるのです。

 

私はまだペーペーだったので、30分3000円からの料金で皆さん1時間は話すので6000円程頂いていました。

キャバクラのアルバイト代くらいはあるかもしれません。

普通にパートで働くよりかは遥かに高い時給になります。

それでも、お客様から「安すぎます」と言われていたくらいです。

 

f:id:triplecoe:20180715153032p:plain

占いやスピリチュアル業界は払う単価が大きいのです。

大抵、悩み事の相談なのでそれくらい払ってでも解決したいことがあるということです。

私の場合、現在対面での鑑定はお休みしていますが、メール鑑定という形では受けています。

こちらの料金は1件3000円くらいです。

この料金も安いほうで価格改定を検討していますが、占いを今後やっていくのかもう少し考えたい段階なので、そのままの値段でアメブロのブログには掲載しています。

 

あなたの知らない「占い」の世界

 

じゃあ、私もやってみたいと思う方もいらっしゃると思いますが、勿論「裏事情」もあります。

占いと一口で言ってもカード占いもあれば手相、数秘(小林麻耶ちゃんがやってるのがコレです)スピリチュアルカウンセラーなど種類は沢山あります。

 

ただ、占いの技術だけ取得して「はい、占います」と言っても、そうは簡単にはいきません。

ある意味、信用問題ですからそれだけの価格を出してもいいとお客様に思っていただけないと1件も申込みは来ません。

 

友人からのクチコミの場合は、実際に鑑定してみて「すごい!当たってる!」「悩みが解決した」などの結果を残さないと、誰もクチコミしてくれない訳で。。。

 

f:id:triplecoe:20180715153101p:plain

 

 私が思う占い師として大事な条件ですが、下記の3つです。

 

①占いの能力が高い

②人格が優れている

③カウンセリング能力がある

 

上記の3つに加えて④ビジネス能力がある が加わると鬼に金棒というところでしょうか。

番外編として⑤霊的能力がある があると、かなり破格な鑑定料でもお客さんはきます。

有名どころで江原さんとかですね。

 

上記の3つの中になぜ⑤の霊的能力がある を入れなかったかと言いますと「占い師」に霊的能力はなくてもなれるからです。(あるにこしたことはないですが)

 

もし「スピリチュアルカウンセラー」を名乗るなら、お客様は霊的な能力を期待してきますのである程度そういう能力は必要です。

ただ世の中の「スピリチュアルカウンセラー」をうたっている人がみな本物かと言うと、ほぼニセモノと思っていいです。

自称「スピリチュアルカウンセラー」ですから。

 

どんな方が本物かの見極め方は、また別の機会に記事にしたいと思います。

時給に換算すると、かなり高時給な仕事になる占い師ですが、それは独立して個人でやっている場合です。

どこかの会社に所属したり、電話鑑定など会社を通した場合はもっと収入は低くなると思います。

私はどこかに所属したことがないので、詳しくは分からないのでその辺は割愛しますが、間に一つ会社が入ればそれだけマージンは減るということです。

コンスタントに仕事は来ると思いますが、自分で集客できる人は個人で募集したほうがいいでしょうね。

 

占い師の仕事は体力勝負?

 

そんな高時給な仕事ですが、私は実際やってみて実感したことがあります。

1日何件も依頼を受けている占い師のメンタル・フィジカルはかなり半端ないです。

私は1日一人でも、鑑定後はグッタリしてその後の家事がままなりません。

鑑定にかなりの「エネルギー」を使うからです。

 

この「エネルギー」という部分の説明がかなり難しいのですが、ハリーポッターの映画に例えますね。

ハリーがディメンターに出くわして、喜びや幸福感を吸われてしまいグッタリしている様子がありますがまさにあんな感じです(余計分かり辛い?)

 

その後、チョコレートを食べて復活してますが、そこも似ていて鑑定の後はチョコレーとなどの糖分を食べると少し楽になります。

f:id:triplecoe:20180715153740p:plain

 

それだけ人の発するエネルギーとはかなり強烈なものがあり、そこに悩み事を吐き出して「助けてほしい」という念がこちらに飛んできます。

ベテランの占い師さんなどは、ちゃんと影響を受けないように防御する方法を身に着けています。

 

私は最初の頃、全く無頓着だったので、なぜ鑑定後に体調を崩すのかが分からないでいました。

現在は、色々と方法を知ったのでまだマシですが、それでも「疲れ」としては残ります。(寝込むことはなくなりました)

よく死んだ霊より生きている人の念(生霊)のほうが怖いと言いますが、ほんとうにそうです。

人の念は思っているよりはるかに影響がありますからね。

 

次に②であげた人格が優れている ですが、霊的な能力ある=人格者ではなく霊的な能力に優れていても、人としてどうかな?という占い師は結構います。

脅しのような鑑定をされて、恐怖を植え付けられるお客さんもいるくらいです。

そういう人に当たったら、運が悪かったと思ってすぐに見切りをつけたほうがいいです。

 

占い師にはカウンセラーの資格が必要か

 

次に③のカウンセリング能力がある ですが、この部分が一番難しい分野です。

占い師は臨床心理ではないので、大学なので心理学を学んだ人は少ないと思います。

しかし、やっていることはカウンセラー並の相談を受けることが多いのです。

この点が未熟なのに人の相談に乗ると、さらにお客様の傷をえぐることになる可能性もある極めてデリケートな部分です。

 

例えば、「彼氏にいつも振られる」という相談があったとします。

その子の恋愛の相談を受けるだけでカウンセリング能力が必要か?と思われるかもしれませんが、その女性がいつも彼氏に振られる原因の裏には、幼い頃の両親の喧嘩や親からのDVが原因として隠れている場合が往々にしてあるからです。

 

そういったことが見抜けたり(その相談者から引き出した際に解決の糸口はつかめますが)カウンセリング能力がないと、どこからどう手をつけたらいいのかと占い師はお手上げになります。

f:id:triplecoe:20180715153200p:plain

私がもし今後、占い師として本気でやっていくのならば、占いの鑑定技術を上げるのは勿論のことカウンセリング能力を上げることに重点を置きます。

それくらい人の相談にのって解決するということは、容易には出来ないからです。

 

技術的なことやカウンセリング的なことにも、占い師は自分に投資をしています。

そのお金や鑑定を受ける上での精神的な部分や体力的なことも含め、それを鑑定料に換算するとかなり高額になってしまうということです。

 

総合すると、占い師は儲かるのか?の質問の答えは。。。

 

「儲かるけど、それなりの投資とリスクはある」ということです。

 

 

人の悩みに寄り添い、少しでも役に立つことができればやりがいのある仕事ではあります。

最初は自分の能力に見合った鑑定をすること。そこでステップアップできたら値段も上げていくという形がいいと思います。

この記事を読んで、少しでも占いの世界がどんなものかお分かり頂けましたら幸いです。

 

今日は最後まで読んで頂きありがとうございました。

ブログ村登録しました。ポチっとして頂けると本当に嬉しいです。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフォー主婦へ
にほんブログ村